秋田藩家蔵文書(A280-69-1~61)

巻号

詳細情報

  • カテゴリ
      • 古文書 / 資料群 か~こ / 郷土資料(A)
  • 資料名
      • 秋田藩家蔵文書(A280-69-1~61)
  • 備考
      • 元禄期・寛政期等に秋田藩では文書改をおこない、家中以下に文書等を提出させました。文書所(後に記録所と改称)では一点一点を吟味、偽文書はのぞき、所蔵者を確定したうえで、文書等を家ごとに見取り写しました。それが秋田藩家蔵文書61冊です。収録されている史料は、鎌倉時代から江戸時代までの約4000点。秋田藩主佐竹氏は常陸から転封したという歴史を反映して、現在の本県の他に、佐竹氏の本拠である茨城県、そして戦国期に佐竹氏の勢力下にあった栃木県・福島県等の歴史に関わる史料も多く含んでいます。【県指定文化財】
  • 資料番号
      • A280-69-1~61

現在のページの詳細情報

閲覧可能なページはありません

画像のPDFファイルを作成することができます。
ページ番号を指定して、「保存」ボタンをクリックしてください。
PDFファイルを印刷することで本文画像の印刷をすることができます。


出力範囲が指定されていません。

ページ指定が間違っています。

20ページを超えては出力できません。


「1,3,6」のようにページ番号をカンマ区切って指定するか、
「5-12」のようにページ範囲を指定してください。
「5-」のように終了ページを省略すると、最大ページ数まで作成します。